ごあいさつ

ひとり一人が自らの真価に気づき
主体的に生きる世界をともに創る

外に向いた矢印を自らの内に向けた時に聞こえてくる心の声。
「私には無理、できない。」「自分には価値がない。こんなことをしても意味がない。」人と比べ、回りの評価を気にし、自らを卑下し立ち止まっている そこのあなた。

 

『そこのあなた』とは私自身でした。

 

笑顔の裏側に「自らを否定されたらどうしよう」「回りの期待に応えられず白い目で見られたら」「バカにされたら…」という怖れの感情です。
私は組織の四角い箱の中に長く身を起き、回りからは熱い人、頑張り屋さんと一目置かれながらも内面はいつも自信がなくジタバタしていました。

 

可能性・希望・躍動感などの“陽の感情”の対極にある、無力感・不安・絶望感などの“陰の感情”が前に進もうとする力にブレーキをかけます。
陰の感情が反面教師になり原動力になることもありますがあまり長続きはしません。
元気を演じ続けることにも少々疲れてきます。
私は陰も陽も受け入れ、両方の感情としなやかにつき合いながら、等身大の自分をまるっと受け入れることが大事だと感じ始めました。

 

そんな愛おしい自らの心のあり方、真価に気づき、心のイノベーションを起こすことが、それぞれの職場、立場、役割の中で使命に生きるエネルギーが満ち溢れると信じています。

 

「あなたが生れてきた意味は何ですか?」
「どんな人生観、仕事観、人間観を持っていますか?」
「目の前にいるチームメンバーはあなたにとってどんな意味がありますか?」

 

まるごとの自分を信じ主体的に生きるメンバーがつながり、ともに育む場を創る
サポートができることが私の至福の喜びです。

 

 

  • 経営品質協議会 認定アセッサー
  • マネジメント強化プログラム認定アドバイザー
  • PHPビジネスコーチ
  • 米国NLP協会認定NLPプラクティショナー
  • 朝倉千恵子氏主催トップセールスレディ育成塾 塾生
  • 茶道表千家講師
  • 岳松御流華道講師